• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

リサイクル(有効利用)には3つの方法があります

生活する上でどうしても出てしまう空き瓶や牛乳パックなどのゴミもアイデア一つで便利な小物に変身させることができます。 費用も掛からないのに、意外と可愛く仕上がったりします。 お子さんがいらっしゃるご家庭であれば、一緒に楽しみながら作るのも良いかもしれませんね。 続きを読む

生活ゴミが可愛い小物に

「リサイクル」という言葉を調べると、広い意味で「有効利用」と解釈できます。
「有効利用」はまた細かく見ると、頭文字にRの付く3R活動と呼ばれる考え方に分けられます。
3R活動とは、リデュース・リユース・リサイクル(Reduce・Reuse・Recycle)に取り組むことでゴミを少なくし、環境への悪影響を減らすことを試みる活動のことです。
地球の限りある資源を、使用を少なくしたり何度も繰り返し使うことで大切に使うことを目指しています。

それでは、具体的にこの3Rはどのような活動を指しているのでしょうか。
まず「リデュース」とは、使用済みになって廃棄するとき、なるべくゴミになる部分が少なくなるように製品を製造、加工、販売することです。
「リユース」とは、使用済みになっても、もう一度使えるものはゴミにせず、再利用することです。
そして「リサイクル」は、狭義の意味で、使用済みになっても、ゴミとして捨てられたものでも、資源として再生利用することです。

この3つの活動の中で「リデュース・リサイクル」は、実際に行うのは製品を製造・販売しているメーカーだったり、資源再利用を請け負う事業者が行っています。
一消費者である私達が行うことができる活動としては「リデュース」された製品を買う、「リサイクル」できる物を分別してゴミとして出す、ということくらいです。
その点、「リユース」については、消費者である私達が主導になって行うことができる活動です。
一度、廃棄しようと考えた物も、考え方次第やアイデアで再び活躍してくれる場合があります。

おすすめリンク

壊れた家具や痛んだ洋服も使える部分があります

洋服が破けてしまった、収納ラックの天板が割れてしまったなど、一見製品として成り立たなくなってしまったように見えますが「部品」として見た場合だと、まだまだ利用価値はあります。 洋服などは特に、アイデア次第で第二の人生を与えてあげることができます。 続きを読む

まだ使えるかもしれないけど、必要無くなった

特にお子さんが入らっしゃるご家庭などでは、成長するにつれて要らなくなってしまう家具や遊具などが出てきてしまいます。 知り合いのお子さんにお譲りするのも良いですが、こちらも考え方次第では新たな命を吹き込むことができるかもしれません。 思い出の家具とずっと一緒に過ごせたらいいですね。 続きを読む