リサイクル(有効利用)には3つの方法があります

空き瓶を使った再利用小物

調味料や飲み物の空き瓶は結構出る物ですね。
捨ててしまう前に、こんな工作をしてはいかがでしょうか。

【飲み物の空き瓶を利用した照明器具】
ワインやリキュール、ミネラルウォーターの瓶の中には、形も面白く、色も綺麗な物もあります。
そういった瓶を捨ててしまうのではなく、照明器具として活かすこともできます。
最近はLEDの小粒の電球も手に入れやすくなりました。
空き瓶の中に詰めるだけでも幻想的な照明器具に早変わりです。
若干配線の知識と技術が必要ですが、瓶の底面から10cm位をガラス切りなどで切り落とし、数本まとめて天井から吊るし、シャンデリア風に仕上げるのも楽しいです。
【調味料の空き瓶の再利用】
調味料の空き瓶も、種類をそろえて、元あったラベルをはがした後、お揃いのシールなどで調味料の名前を張り付けて、オリジナル調味料入れを作るのも楽しいですね。

汚れたり破けたりしたTシャツを再利用

気に入ったTシャツでも、変色したり、破けたりしてしまった場合は、さすがに着て歩くことが難しくなります。
そういった「もう使えない」お気に入りの布製品を生き返らせてみましょう。

【生地を細く裁断して鍵棒で編んでみる】
シミや破れなどがあったとしても、細長く切ってしまえばわからなくなります。
細長く切り、鍵棒を使って編むとちょっとした座布団風のラグとして使えます。
円型や楕円、長方形など、バリエーションを増やすと、キッチンマットやバスマットとして使うこともできます。
キッチンマットやバスマットは、すぐ汚れてしまうものですから、捨てようと思っていたTシャツなどを使うと、惜しげもなく使えますね。
コットン地なので吸水性にも優れています。
鍵棒テクニックが上がれば、子供用のスリッパなども編めます。
草履風で夏場は涼しそうですよ。