まだ使えるかもしれないけど、必要無くなった

思い出のあるベビーベットを再利用

ベビーベットに使われている柵の部分はリメイクの時に大活躍します。

【ベビーベットからマガジンラックへ】
ベットを柵の部分の一辺を底にし、開口部を正面に向け、天面に来た柵の部分に雑誌をかける。
ベットの真ん中位の柵の部分に廃材板を渡すことで棚として使えるようにすると、マガジンラックの出来上がりです。
ベビーベッドを棚や子供用クローゼットの様にリメイクする方は多いようです。

【ベビーベットを勉強机に大改造】
ちょっと手の込んだものですと、ベビーベットの開口部分を上にした状態で、柵の一辺を取り外し、ベットのマット部分を机の天板に置き換えると、子供用の勉強机に変身します。
天板の部分を木材で作ったり、黒板として使える様な素材で置き換えたり、いろいろな素材でオリジナルの机を作ることができます。
自分が使ったベビーベットが机になるなんて、ドラマチックですね。

小学生~中学生まで使っていた二段ベット

年齢が上がると、部屋を別々にしたり、また、大学に入学すると一人暮らしを始めたりするため、家族構成が変わったりします。
兄弟で過ごしていた部屋の二段ベットも用済みに。
しかし、かなりしっかりしたつくりのものなので、部品としては非常に優秀です。
分解して使える用途は様々です。

【二段ベットがロフトベットに大変身】
よく行われている再利用は、下段を取り外して、ロフトベットへの改造です。
ベットの下の部分を収納にしたり、勉強机を置いたりして、スペースの有効活用をされています。
しかし、下段の部分にお子さんが出入りしますので、上のロフトベットの部分や柱の部分への補強は必須でしょう。

【二段ベッドの部品が収納家具へ】
他にも、梯子の部分をそのまま壁に立てかけて、ステップのところに板を置くだけで、壁付収納、ディスプレイに早変わりします。

アイデア一つで廃棄の道をたどる不用品にも命が吹き込まれます。